facebook instagram

JOURNAL

制作風景や取り組みなど、あれこれお届けしていきます。

自社の編機について〜ドイツから編機がやってきた!!編〜

IMG_15812

  KNITOLOGYはアパレルブランドとしては珍しく自社アトリエに工場と同じ型の編機を所有し、デザイナー自らCADというニットのプログラムを操り、日々新製品の開発をしています。

 日本のアパレルの現場では、生産地とデザイン現場が離れていることが一般的で、デザイナーが自らプログラムを組んだり、機械操作を行うことはほとんどありませんが、KNITOLOGYでは素材やニット技術の模索に多くの時間をかけたからこそ作れるニット製品(これに関してはまたの機会にお話ししますのでお楽しみに!!)の開発をするため、編機での試作が非常に重要なのです。

 編機導入以前は素材開発やサンプル製作の度にデザイナー自身が工場に足を運んでいましたが、工業用編機をアトリエに導入することによって、デザインと素材開発、そしてサンプル製作までを全てアトリエで行い、ブランドコンセプトの『実験的に模索し、ニットを学問のように研究していく』ことを実現しています。

 そしてそんな今後のKNITOLOGYの命運を担っていると言っても過言ではない編機はドイツのSTOLL社のもので、はるばる海を渡ってドイツからやってきました

その大きさはなんと横幅2.7メートル、重さは1トン以上!!

 アトリエへの搬入もクレーン車を使っての一大イベントでした。

IMG_15922

 搬入した日はあいにくの雨でした、、

IMG_1596

 搬入は専門の業者さんがやってくださるのですが、段差をものともせずに、迅速に設置をしていただきました。

IMG_1597

今となってはすっかりアトリエの主です!

それにしても日本では横編機のシェア60%以上と言われている島精機がありますが、KNITOLOGY製品の機械はドイツのSTOLL社の製品を使っているのかと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

次回はなぜSTOLL社の編機なのかという話をしたいと思います!!

新カタログ 「知識の箱」のご紹介

今回のブログはカタログのお話です。

 

KNITOLOGYの新しいカタログが完成致しました!

 

works_004_1

 

works_004_2

 

works_004_5

 

works_004_4

 

works_004_3

 

works_004_8

 

works_004_7

 

works_004_6

 

このカタログは “knit + logy” =ニット学 “ニットを学問のように追求していく”

というブランドコンセプトを元に、積み重なる知識によって学問が構築されていく様を

 

“knowledge / 知識の箱”

 

というテーマでエスエムビー・ アンド・エスエムビーさんに表現していただきました。

 

 

ルック写真のみでなく、コンセプトやものづくりへのこだわりを紹介しており、KNITOLOGYの思いが詰まった箱となっております。

 

受注会等にお越しの際はぜひご覧くださいませ。

ユーザーズボイス第一弾!

このブログではKNITOLOGYをより身近に感じていただきたく、「ユーザーズボイス」として製品をご愛用して下さっている方々にインタビューをしていきたいと思います。

 

第一弾は、

ジュエリーブランドhumさんのインタビュー

 

今回はKNITOLOGYのワークコートをユニフォームとして着て下さっている、ハンドメイドジュエリーブランドhum神宮前店 店長の岩崎さんにインタビューさせていただきました。

_N6A7876

 

 

・まずはhumさんのブランドコンセプトを教えて下さい。

ブランド名のhumは「humming」が由来となっています。
それは「ふとした瞬間に奏でるhummingのように記憶の中に存在していたい。」というブランドコンセプトを元に付けられています。

 

・ジュエリーを売るというお仕事柄、どのようなことに気をつけて服を選んでいますか?

常にジュエリーがより引き立つものをコーディネートのメインとして考えています。またhumのブランドのイメージカラーがネイビーなので、それも念頭に置いていますね。ブランドコンセプトにそぐうものとして、どの時代も着られるようなものを好んでいます。

 

・プライベートとお仕事での服の選び方に違いはありますか?

あまり大きくは変わらないですね。普段の服選びでも柄よりも首元の空き具合や、腕のつまり具合、素材感やサイズ感などを大事にしています。

 

・KNITOLOGYの製品をユニフォームにして良かったことはありますか?

着心地がよく、リングを出す時やお茶を出す時などお客様の応対をしている時の所作を綺麗に見せてくれるところです。
またディスプレイ等のハードな仕事でも動きやすく、たくさん着ていても形崩れしにくいところも気に入っています。

 

 

 

_N6A7868

 

_N6A7873

 

 

・働く女性におすすめのジュエリーなどはありますか?

職種によってジュエリーをつけることに制限がある方もいらっしゃると思いますが、ある程度許されている方でしたら、手元に好きなものやご褒美で買ったものを着けることをお勧めします。手元にお気に入りのジュエリーを着けていると、目に入るので気分も盛り上がると思います。

 

 

 

_N6A7817

 

_N6A7831

humさんのコンセプトやハンドメイドでジュエリーを作っている様子などを拝見し、これからもKNITOLOGYの製品を大切に着てくださる方々だと感じました。

 

この度は貴重なお話をありがとうございました。

 

私たちは働く女性のユニフォームとしてのニット製品を提案していますので、今後も製品を着て下さっている方々を紹介していきます。乞うご期待ください!

 

・hum     ~brand concept~
hum とは… hummingのhum
ふとした瞬間に奏でるhummingのように、記憶のなかに存在していたい…
伝統的な技法を活かし、手作業によるジュエリー作りにこだわりを持つ職人・貞清智宏と、
豊かな感性で、オリジナリティあふれるデザインを提案するデザイナー・稲沼由香。
二人が生み出すジュエリーは1点1点アトリエでハンドメイドで作られる。
「記憶に残るジュエリー」をテーマに、品質の良さとデザインのバランスにこだわり、独自の世界観を築いている。