PHILOSOPHY

深澤直人さんのキュレーションによる新店舗「IDÉE TOKYO」

IDÉEの新しいコンセプトのストア、IDÉE TOKYOにてKNITOLOGY製品が店頭に並んでおります。

本日は、IDÉE TOKYOに関してご紹介させていただきます。

場所は東京駅構内の8月3日にグランドオープンしたGRANSTATOKYO、丸の内北側の地下エリア内になります。
「グランスタ地下北口」という新たにできた改札口を入ってすぐに場所となっております。

こちらのストアにはキュレーター深澤直人さんと共にひとつひとつ丁寧に選ばれた商品が並んでいます。

従来のIDÉE SHOPのコンセプトを元に、「生活」に対する価値観がかわる節目に来ている現代に合わせて、
今の審美眼で選び直された商品たちが、美しいガラス棚に陳列されております。

家具のイメージが強いIDÉEですが、IDÉE TOKYOでは
暮らしに美しく寄り添い、佇むデザイン、民藝、アートをセレクトしており、

東京駅構内という場所柄、美しい日本のお土産として喜ばれそうな商品も
ガラスケースの中に展示されているのが印象的です。

こちらの「十三や」のつげ櫛はセレクトショップ等ではなかなかお取り扱いのない商品だそうです。
国産のつげは髪の毛の通りが滑らかで、静電気を起こさず、地肌への当たりも柔らかいのが特徴です。

余談になりますが、私の祖母が使っていた櫛が十三やさんも物でして、
油を塗っていなくても梳かすだけで髪に艶の出る不思議な櫛で、祖母から受け継ぎ長く使っています。

このような製品は日本人のみならず海外の方にもぜひお手に取って欲しいものです。

東京駅が早く観光客が行き交うターミナル駅に戻ることを願うばかりですね。

またストア内の奥に併設するIDÉE GALLERYでは、
国内外のアーティストの個展やプロジェクトの展示を企画・開催しております。

取材をさせていただきましたオープン当初は、オープニングイベントとして、
陶芸家黒田泰蔵氏の個展「不完全な完全」の開催中でした。
(現在は終了しております。)

IDÉE GALLERYは定期的にテーマを変えて、素敵な展示を無料でご覧頂けます。
是非、お店にお立ち寄りの際はギャラリーも併せてお楽しみください。

IDÉE TOKYOは東京駅構内というアクセスしやすい場所であるにも関わらず、
無料で入場できるギャラリーも併設しており、一味違った店舗体験をできるというのが魅力です。

 

先にも述べさせていただきましたが、

この度IDÉE TOKYOでセレクトいただいたKNITOLOGYの製品も秋から入荷しております!!

JR東京駅をご利用いただく際は無料でご来店いただけますが、改札外からのご利用の場合は、
JR東日本 東京駅を区間に含んだ乗車券類または入場券(140円)をお買い求めのうえ、ご入場ください。

是非、東京駅にお立ち寄りの際は足を運んでいただければ幸いです。

また現在イデーショップ六本木店、デリエイデーにてKNITOLOGY FAIRも11月3日まで開催中です!!
こちらも残り日数少なくなっておりますので、是非お越しください。

KNITOLOGY FAIR ~美しく 心地よく 纏う~
期間:2020年10月9日(金)~11月3日(火)
場所:イデーショップ 六本木店デリエ イデー