DESIGN

神は細部に宿る

KNITOLOGY製品の特徴である’成形’について説明します。

もう何度か説明に出てきていると思いますが、KNITOLOGYのニットはすっきりと洗練された製品にするために
各パーツをパーツの形通りに編み上げる、ニット独特の技術、’成形’を駆使して作っています。

極限にまで細く美しい縫い代

生地をハサミでカットする裁断を行わず、1パーツ1パーツ時間をかけて形通りに編むことで、
パーツ端をロックミシンなどで処理する工程を省くことができ、縫い代を極限まで細くすることができます。

KNITOLOGYの製品は美しいフォルムを作るために、パーツが多い構造になっています。
通常の処理で制作してしまうと、縫い代が厚くなり、ゴワゴワとして着心地が悪くなり、
着用姿も野暮ったくなってしまいます。

シンプルな処理のパーツにすることで、組み立てた時にスッキリと美しいシームラインが現れ、
着用した時ごわつかず、表のラインも美しく保つことができるのです。

細部を拘るということ

’成形’以外にも、裾やポケット、見返しなどあらゆる細部を
ニットならではの技術を駆使することで、より洗練された製品が仕上がります。

少しでも美しく着てもらうために。

少しでも着心地を良くするために。

ほんの小さな事だけど、妥協を許さず時間をかけて丁寧に制作しています。